福島県の石材卸会社の地域別一覧

株式会社墓地情報センター - 福島県会津若松市神指町橋本3
墓石は、長い年月厳しい気候にさらされますので耐久性が重要な要素となってきます。つまり風化に強く、錆びたり変色したりしないことが求められます。一般的には御影石と呼ばれる花嵐岩(かこうがん)が使用されることが多いです。色は、黒、グレー系、白系、緑系、赤系等といろいろありますが、特に決まりはありません。弊社はお客様のお好みに応じて選んでいただきたいと思います。より詳しい内容はお気軽にお問い合わせ下さい。

株式会社伊藤石材工業所 - 福島県郡山市日和田町字背戸24-1
弊社が誇るのは石に魅せられ石を彫り続けて、歴史に磨かれ伝承された熟練の技術。中国、インド、ポルトガル、フィンランド、南アフリカ、オーストラリア・・・その品質と美しさを世界に求めた銘石の数々。お墓は100年のお買物。石の材質にこだわり、石の造形美を追求し、「安心の石材店」として誠心誠意お応えいたします。お墓の建立を思い立たれたら、当社までご連絡ください。迅速できめ細やかな対応を心がけます。
株式会社伊藤石材工業所/郡山工場 - 福島県郡山市安積町笹川字篠川25
永代へと受け継ぐお墓にとって、墓石の材質はもとより、施工の良し悪しは、大変重要なことです。建ててしまえば見えなくなる基礎の部分は、重たいお墓を支えるために重要な場所であり、そして何よりもお骨を納める場所なのです。弊社は、見えないところまで最良の安心施工をいたします。宗派や慣習の違いがあるので正確なことが解りにくいものです。弊社は豊富な経験と知識で、ご質問・ご要望にお応えします。
芳賀石材工業 - 福島県いわき市遠野町根岸字鴻ノ目28-3
創業から現在まで、お客様と一緒に築き上げた信頼こそが弊社ブランドの証です。石強では施工をさせていただくお客様の大切な墓石をより長くより美しくご利用いただくために「仕上げ工程」にも強いこだわりを持っております。砥石での仕上げを行うことで、お客様に納品した後でも光沢や輝きが持続いたします。これからも石強では砥石での仕上げを行い、お客様にとってベストなお墓をご提供いたします。手間と時間を惜しんではいいものは出来ません。
有限会社長嶺石材店 - 福島県大沼郡会津美里町永井野字上町1711-1
墓石・記念碑・建築石材関係一式製造施工のことなら当社にご相談ください。当社の技術と知識でお客様の思いに沿ったお墓を残しませんか。ご希望の形に自由設計致します。豊富な経験と実績を誇る石匠が優れた石材と確かな技術で祈る気持ちにお応えします。お墓に何か問題が生じた場合やちょっとした疑問など、いつでもお気軽にご相談ください。私たちはお客様目線に立ち、親身にご回答させて頂きます。

有限会社新長石材工業 - 福島県二本松市成田町1丁目542-6
弊社は創業以来、石材製造に励み、皆様方の厚いご愛顧をいただいてまいりました。弊社は、代々蓄積してきたお墓と家運の関わり方のデータ、墓相学の知識と墓作りに必要な特殊技術を、皆様方に自信をもって提供させていただきたく存じます。また近年の墓地事情や現代人の感覚に適合した近代的な墓作りにもその知識と技術を生かし先駆者としての役割を果たしております。どうぞ、弊社の豊富な経験をご利用下さい。
有限会社新長石材工業/自宅 - 福島県二本松市若宮1丁目220
弊社は各種墓石の製造・販売・設計・施工を行っています。墓石の移転や文字彫りなどもお任せ下さい。各種石材の切削・研磨・販売など、石材加工に関わる業務を行っています。各種墓石の記念碑など、墓石以外の石製品も加工・販売を行っています。フットワークを軽くをモットーに、迅速・丁寧・笑顔を忘れずご対応いたします。墓石の事なら何なりとお任せ下さい。ご相談も無料で承っております。
八巻石材工業株式会社国見工場 - 福島県伊達郡国見町大字小坂字町田2-8
弊社職人は私たちの自慢です。選りすぐりの職人をひとりひとり育てています。お客様の思いのこもったお墓が、私たちの手でだんだんと形になっていく様子はとてもやりがいがあり、まさに職人冥利につきます。 「見えない部分こそ念入りに」「手を合わせるものに、いいかげんな仕事はしてはいけない」の二つを心がけ、日々お墓づくりをさせていただいております。「石は生きものである。」私たちはそう思っています。
株式会社イシフク郡山支店 - 福島県本宮市荒井字諸子沢121-1
弊社では、墓石をお客様からお聞きした思いを元にデザインをします。デザインをする上で気を使っていることは、お客様らしさです。家庭で大切にしているものや、お客様の視点に立った墓石のデザインを心がけています。また、強度的に無理の無い強い石材の加工にもこだわっています。そんなお客さまの思いを込めた墓石のデザインだからこそ、完成後にお墓に思い入れが多くなり、お墓参りの機会が多くなった、お墓を大切にする気持ちが芽生えたとのお声を聞いています。