佐賀県のひきや(曳家)工事会社の地域別一覧

栄進 - 佐賀県伊万里市東山代町長浜263
曳家(ひきや)とは、建物を壊さずそのままの状態で移動する技術です。道路拡張工事・敷地の有効利用などの時に、既存の建物を移動することができます。地盤沈下の補強・圧蜜工事や建物の嵩上げ工事では、自然災害や地盤液状化によって傾いた建物を水平に修正することが可能です。曳家工事を行うことで、住み慣れた建築物を大切にすることができます。曳家工事に関してご相談していただければ、弊社が喜んで承ります。

黒木工業 - 佐賀県唐津市相知町田頭600
曳家(ひきや)とは、「建物を曳いて移動する」こと。そもそも「曳家」とは、住宅など建物の移動に用いられてきた工法で、建物を基礎から切り離し、コロにより建物そのものには影響させないで目的の場所へ移築する方法を指します。家を曳く(ひく)から、曳家(ひきや)です。曳行に適した土地が確保されていること・建築物が曳行に必要な耐久性を有していることなど条件はございますが、需要の増えている工事であります。曳家のことなら当社にご相談ください。
株式会社家ひきの中島建設 - 佐賀県武雄市朝日町大字中野5393
道路拡張など、やむにやまれぬ事情で建物の場所を移さなければならないとき、用いられる土木工法「曳家」。古来から受け継がれる技術で、550年ほど前の書物には、すでに建物を曳家したという記述があるんだとか。長い年月を経た建物には、人々の思い出や愛着が積み重なっています。建物を壊せば、そんな思いも消えてしまうようですよね。私たちは、曳家工事を通じて、建物と一緒に人の気持ちも移動させるといった想いで業務を請け負っています。
中川組家引直し - 佐賀県三養基郡みやき町大字中津隈2925-1
道路拡張など、やむにやまれぬ事情で建物の場所を移さなければならないとき、用いられる土木工法「曳家」。古来から受け継がれる技術で、550年ほど前の書物には、すでに建物を曳家したという記述があるんだとか。長い年月を経た建物には、人々の思い出や愛着が積み重なっています。建物を壊せば、そんな思いも消えてしまうようですよね。私たちは、曳家工事を通じて、建物と一緒に人の気持ちも移動させるといった想いで業務を請け負っています。
坂本建設 - 佐賀県杵島郡白石町大字遠江183-21
当社の行う曳家工事なら、大切なお住まいや、歴史的建築物、貴重な文化財などをそのままの姿で移動保存できます。しかも、家具・証明・内装一式全てお住まいのままで、また店舗は営業を続けながら工事が出来るので、引っ越しの煩わしさがありません。また、限られた敷地内で、現在の建物を移動して、敷地にスペースを作り。増築したりアパートなどを建てたり、敷地の有効活用ができます。曳家工事にご興味はございませんか?

田原組 - 佐賀県神埼市神埼町鶴3845-1
曳家(ひきや)とは、建物を解体しないで、そのまま場所を移動させることです。そこで生じる疑問が「疑問仮住まいの期間は長いのかしら?」といったもの。その間の生活が不便になると困りますよね。でも、仮住まいの必要はございません。生活したまま工事することができます。曳家する際、家具等を仮移転することもございません。家具や、家財道具はそのままの状態で曳く事ができます。家の移動・回転・傾き修正・基礎工事・地盤補強改善の事なら当社まで。
酒見建設株式会社 - 佐賀県鳥栖市江島町3126-4
昨今では住宅に限らず、新しい物を用意するのは比較的簡単ですが、古い物を補修・保存は比較的難しい時代です。しかし、古いものにも素晴らしいものがたくさん残っており、それを守っていきたい。そして古いものに新しいものを加えた提案をしたいと考えております。住まわれている方の大切な思いを守り、新しい良いものを取り入れ、快適な生活を送っていただくことが、曳家工事を行う我々の使命だと思っております。
セイワホーム有限会社佐賀本店 - 佐賀県佐賀市北川副町大字江上江上514-5
曳家工事を考えてはいるけど、今住んでいる家を曳くと、家が傷まないか心配。……そんな心配はご無用です。曳きや工法による移転は、建物の各部分に均等に無理なく力を加えて柱、梁、屋根を損傷することなく移動させる合理的な工法です。この工法は、約百年の歴史を持つもので、文化財クラスの建物も傷めることなく移転されています。曳家工事に関することなら、弊社に何でもお気軽にお問い合わせください。
奥建設 - 佐賀県武雄市武雄町大字富岡11289-2
道路拡張など、やむにやまれぬ事情で建物の場所を移さなければならないとき、用いられる土木工法「曳家」。古来から受け継がれる技術で、550年ほど前の書物には、すでに建物を曳家したという記述があるんだとか。長い年月を経た建物には、人々の思い出や愛着が積み重なっています。建物を壊せば、そんな思いも消えてしまうようですよね。私たちは、曳家工事を通じて、建物と一緒に人の気持ちも移動させるといった想いで業務を請け負っています。