株式会社加根又本店建設資材鹿児島支店


最近では割れたり壊れたり以外でもガラス工事を依頼される場合が増えてきました。それは新たなガラスが生み出されてきていることに大いに関係があります。今ガラスはただ窓にはまっている透明な壊れやすいもの、ではありません。窓からの侵入を防ぐための機能を持った防犯に強いものや、高い断熱効果を備えて結露の発生を防ぐものなど、生活の様々な問題を解決する高機能なものが登場しているのです。
会社名株式会社加根又本店建設資材鹿児島支店
住所鹿児島県鹿児島市西別府町3200-6
業種アスファルト,エレベーター・エスカレーター,ガラス工事,機械器具,建築工事,鋼材,コンクリート工事,コンクリート製品,セメント,鉄骨建築工事,土木建築材料,土木工事,舗装工事,屋根工事
電話番号099-282-6900


ガラス工事

ガラス工事とは、ガラスを加工して建具等に取り付ける工事です。住宅等の建具は建具屋さんが取り付ける事がありますが、大きな工事現場の場合は建具は建具屋さん、ガラスはガラス屋さんが出向き加工及び取り付け工事を行います。ガラス工事だけで500万円以上の工事費がある物件を請け負う場合は、建設業許可が認可されたガラス工事業者が工事を行わなければいけません。

ガラスの種類

ガラスはお馴染みの透明ガラス(フロートガラス)の他に、型ガラス、網入り硝子、高断熱ガラス、くもりガラス、強化ガラス、特殊ガラス、ガラスブロック等があります。既製品をはじめ、特注で作成する事も出来るので、丸いガラスや三角のガラス、超特大ガラス、曲面ガラス等何でも作る事が出来ます。厚みも様々あり、2㎜から19㎜まで色んな厚みのガラスがあり、様々な部分に使わています。

省エネ効果

近年は、断熱性を高める為にペアガラスを採用する建物が急激に増えました。複数の板ガラスを重ね、中間層に空気層を設ける事で断熱効果を発揮するガラスです。中間層は密封状態であり、中間層の厚みが厚くなる程高い断熱性能となります。密封状態がカギなので、何らかの影響により空気層の密封状態が崩れてしまうと、省エネ効果を発揮できなくなってしまいます。寒冷地であっても、ペアガラスを採用する事で省エネ効果を発揮してくれます。一般的には複層ガラスは2枚ですが、ハウスメーカーによっては3枚の場合もあります。先進国では複層ガラスを使う事が義務付けられていますが、日本では規定まではされていません。


近くのガラス工事

田原ガラス店
鹿児島県鹿屋市西原1丁目19-21
ガラス工事,ガラス店
ガラス工事にはいろいろな種類があります。お部屋のガラスが割れてしまった場合に行う修理、結露に強いガラスに替える工事、外からの騒音を防ぐガラスに替える工事、防犯対策のために行う工事、またお部屋に鏡を設置するのもガラス工事の一種です。この様々なご要望に、安全第一の仕事でお応えします。最新の技術を正確に、安全に。長年培ってきた経験と実績で、お客様にご満足いただける工事を提供いたします。
有限会社ヤマクチ
鹿児島県鹿屋市白崎町22-1
アルミ建材,ガラス工事,ガラス修理
家に鏡を設置したい、ベランダの窓に紫外線カットのフィルムを貼りたい、そんなご要望もガラス工事の大切な仕事の一部です。ぜひ弊社にご相談下さい。たったこれだけのことで業者を呼ばなくてもいい、など決して思わないで下さい。ガラスを扱うのは危険ですし、場数を踏んだプロの職人が施工したものは一般の方の行った作業と比べれば一目瞭然、仕上がりに大きな差が生まれます。安全な工事を安心価格でご提供いたします。
池之原硝子建材株式会社鹿屋営業所
鹿児島県鹿屋市旭原町2523-8
アルミ建材,エクステリア工事,ガラス工事,ガラス店
朝の柔らかい日の光で目覚めるのは、理想の1日の始まりと言えるでしょう。しかし、日差しを浴びすぎると紫外線の影響などで人体にも部屋の調度品などにも被害が及んでしまいます。そこで、太陽の光の明るさや暖かさを取り入れつつ害となる紫外線はカットする、紫外線カットガラスをおすすめします。窓ガラスを交換するだけでガラスのいいとこ取りができてしまうので、気になる場合はぜひ一度ご相談下さい。