株式会社ヤマウチ


外壁を塗り替える、そう一口に言ってみても、一体何をどうすればいいかとお考えではないでしょうか。目立ってきた傷を直したい、気分転換に新しい色にしてみたい、きっかけは様々あるでしょう。私どもは、ご依頼があればまず入念な下調べを行います。どこをどうすれば依頼者様の気持ちに沿えるのか、ご予算の範囲で行うにはどうすればいいのか、しっかり見極めた上で工事を行うのです。お悩みなら是非一度、お話を聞かせください。
会社名株式会社ヤマウチ
住所福井県福井市高木北2丁目801-2
業種雨どい工事、エクステリア工事、介護リフォーム、外壁工事、ガラス工事、かわら、かわら屋根工事、管工事、給排水設備工事、金属板屋根工事、空調設備工事、建設業、建築工事、建築塗装、建築板金業、コンクリート工事、左官業、水道衛生設備工事、造園工事、大工工事、耐震工事、タイル工事、建具工事、建物解体工事、断熱工事、電気工事、塗装、塗装工事、とび職、土木工事、内装工事、配管工事、光触媒塗装業、吹付工事、ブリキ・トタン、フローリング工事、ブロック工事、防音工事、防水工事、木造建築工事、屋根工事、床工事、リフォーム、冷暖房設備工事、れんが工事
電話番号0776-53-5155
FAX番号0776-53-5435
電話番号0120-862800


外壁塗装とは

外壁塗装とは、外壁を紫外線や太陽熱等の外部刺激から守ってくれる大事な物です。外壁塗装がしっかりする事で、雨風等から外壁を守ることが出来、建物の寿命に大きな影響を与えます。外壁に幕を作って建物を守ってくれる、建物の必需品です。外壁塗装には寿命があり、新築より5~10年の頃には劣化が始まります。外壁塗装が劣化してしまうと、雨風から外壁を守る事が出来なくなってしまいます。雨漏り等により建物内部に影響を与えてしまい、構造材や断熱材等に不具合を与えてしまいます。そうならないよう、外壁塗装のメンテナンスは必須となります。チョーキング、ヒビ、塗料の剥がれ、塗膜の変色等が見受けられたら、外壁塗装のメンテナンスのタイミングと言えます。

塗料の種類

外壁塗装に使う塗料は、油性と水性の2つの種類があります。 外壁は外部刺激が多いので、以前は油性の塗料が主流でした。 しかし、油性の塗料は溶剤ですので、シンナー臭が多いのが難点です。 健康被害等の問題により、ここ数年は外壁でも高い効果を発揮する水性の塗料を採用するようになりました。 水性の塗料はVOCの濃度が非常に低いので、外部で使っても独特の刺激臭を発しません。 ご近所への配慮の問題を考えても、水性の塗料を採用される考えを持たれる方がとても増えました。 外壁塗料には様々な種類があり、一般的な塗料の他に注目されてきているのが「機能性塗料」です。 防カビ・防藻効果がある塗料や、ゴムのような伸びがあり外壁のひび割れに追従する弾性塗料、外壁の汚れを雨で洗い流す親水機能がある塗料等、様々です。 外壁塗装のメンテナンスを軽くする為には、これらの機能性塗料を採用する事もオススメです。


近くの建築塗装

清水塗装
福井県福井市高木町29-6-3
建築塗装
住まいは人が安心して暮らすための大事なものです。その空間をより長く大切にしていくためにリフォームは欠かせないものとなります。外壁をリフォームする塗装はお家のイメージを一新するだけでなく、厚さや寒さから身を守るためにも重要です。断熱効果や防音も期待できますし、風雨から家の基礎を守る点でも大きな役割を果たします。見た目を新しくするだけでなく、人が心地よく住めるための住環境を整えているのです。
株式会社青木塗装店
福井県福井市高木中央2丁目4103-1
建築塗装
私たちの暮らしに欠かせないビルやマンションなどの建物は、雨風等にさらされるうち徐々に表面から劣化していきます。これを放置しておくと、傷みは少しずつ内部に浸食していき建物全体を蝕んでしまうのです。そうならないためにも定期的な補修が建物管理には不可欠です。建築塗装の分野では、このこまめな補修に対応し、起こりうる様々な問題点を見極めた塗料の開発など、暮らしのニーズに合わせたサービスを提供しています。
福井県塗装業厚生会
福井県福井市飯塚町8-133
建築塗装
外壁や屋根の塗替えがいつかは必要になると分かっていても、それは具体的にいつなのでしょう。だいたい10年くらいが目安とはされていますが、周囲の環境によって変わってきます。たとえば海が近かったり、周りの交通量が多い場合は比較的傷みやすいとされています。反対に太陽の光が当たりにくかったり建物に囲まれていたりする家は長持ちする場合が多いです。半年から一年に一度、家の周囲を見回しチェックしてみてください。